第59回有馬記念

お久しぶりです。週刊kurumiは結局全然更新できませんでした。なにが三日坊主だ。

さて、まずはごあいさつから。今年1年も大変お世話になりました。
もうすこしこっちでも競馬関係の投稿をしようかなーと思っていたところで今年が終わってしまいました。

さて冬のグランプリ、有馬記念です。
今年は冬の有明記念コミケ1日目と重なるということで、競馬のジャンルで出展されてる方など気が気でないような気がします。
3時過ぎなら大丈夫か?

予想は以下になりました。細かい解説などは追記でたたんであります。
◎ ゴールドシップ
○ ワンアンドオンリー
▲ ラストインパクト
△1 エピファネイア
△2 ジャスタウェイ
△3 ジェンティルドンナ
注 サトノノブレス


まー本命党ですね。。。
今年から出走奨励金なるものができたので必然的にメンバーは豪華になるわけで、取捨が難しい。

まずは◎ゴールドシップから。臨戦課程としては昨年勝ったオルフェーヴルと同じ前走凱旋門賞。
2着だったオルフェーヴルとは違い日本馬の中では一番後ろ(14着)でしたが、走らない時は走らない馬なので度外視可能かなと。
有馬記念1回、宝塚記念2回というグランプリハンターなので、今回も十分やれそうな気がします。
あとファン投票1位なのも非常に大きいかなと思います。前日時点で1番人気(3.9倍だけど)なのもうなづけます。

続いて○ワンアンドオンリー。内枠勢で一番チャンスが有るとしたらこの馬か。
ダービー馬ですが、小回りのほうが上手い競馬をするっていろんな人が言っててホントかよ、と思いつつ。
ただ実力は古馬とも見劣りしないし、前走JCで古馬相手に戦っている(不利はあったが)ので、上積みもあるかと。
ダービー等を見てもらっても分かる通り前目でも競馬ができるので、あとはノリさんの手腕に期待したいところ。
後方ポツンだけはやめてください……。

▲は金鯱賞勢からラストインパクトを。ここ最近の好走(重賞2連勝)が目立ちます。
GIで好走歴がないのと、鞍上が川田騎手→菱田騎手に変わる、というのがマイナス点。
いつもならこういう馬には△どころか印を回さないのですが、去年の天皇賞秋のジャスタウェイをなんとなく彷彿とさせる……かな?
東京と中山では求められる競馬が全然違いますけどね。

JC組の△3頭については今更説明することもないでしょう。ジャパンカップでのパフォーマンスがどの程度発揮できるかが鍵。
前目での競馬を得意としているエピファネイアが最上位。でも外枠なんですよね。
ジャスタウェイジェンティルドンナはこれが引退レースになるので、勝負をかけてくる…か?
(ジェンティルは引退前の顔見世としての記念出走な気がしなくもない)

最後に今回の特注馬としてサトノノブレスを。
今年の宝塚記念、2着に入ったのはカレンミロティック。鞍上はそう、謎の男池添謙一。
過去にスイープトウショウ、ドリームジャーニー、オルフェーヴルを宝塚記念ウィナーに導き、有馬記念もドリームジャーニー、オルフェーヴル(2回)と3勝している謎のグランプリハンター。
そして勝ち数の割にGIはやたら強い(父も騎手だったのでいい馬を優先的に回してもらえている?)ことに定評があり、関西場所ではよく穴を開けて……ますよね?
サトノノブレス自身も菊花賞で2着、阪神大賞典で4着と距離的には問題無いですし、金鯱賞では0.2秒差の2着とそこまで悪くない結果を残しているというのもプラスになりえます。複勝狙いならワンチャンスありそう。
専門家の方々が誰も印を回さないので、こういう時は来るぞ。(?)

と言った感じですが、これでも絞った方で、唯一の関東馬フェノーメノ、最内枠トーセンラー、実はオルフェーヴルの次に強い?ウインバリアシオン、外国人騎手が騎乗するトゥザワールドラキシス。このあたりには印を回してないのですが、非常に迷った馬としてピックアップしておきます。この「迷った馬」で馬券が全部決まったら…。

それでは、よい有馬を。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中