夢が正夢になる時。

6月の初頭、某セガ系列のゲームセンターにPUMP IT UP入荷予定のPOPが張り出されたのをきっかけに、プラサカプコン吉祥寺など、様々なゲームセンターで突如現れた「PUMP IT UP」の文字。
昨年のインカムテストから約8か月、ついに日本への展開が始まるのかと期待に胸を膨らませた。

そして16日の夕方ごろ、年始のツイートを最後に消息が途絶えていた@piujpが久々のツイート。

「Japanese Edition」。
このツイートの意味することはただ「PUMP IT UP」が24日より日本で稼働するということだけ。
しかし、秋葉原でのインカムテストから追いかけ続けた自分にとって、このツイートは全く別の意味に捉えられた。

当初からPIU 2015 PRIMEは日本語UIを搭載しているとうわさになり、ついに日本での稼働が決定したのかとちょっとした騒ぎになったような気がする。しかし、公式サイトがオープンしたとき、言語選択に日本語は存在しなかった。
インカムテストが一通り終わったのち、WGCが駒込で再オープンし、2015年が始まりはや半分が過ぎようとしていて、、おそらく人々の記憶にはインカムテスト開始の時の盛り上がりは残っていなかったような、そんな時期だった。

……とにかく、今はうれしいという気持ちとすぐ撤去されるのではないかという不安が半々ぐらいです。
成田某所ではすごいギャラリー集まってましたし、そんな感じでゆるく盛り上がるといいですけどね。
入荷される店舗が限られている(セガ、ナムコ、カプコンの3社共同)のが気になりますが、最近の音楽ゲームの傾向を見てるとそこまで悲観する必要もなさそう。

府中でのGIラッシュを振り返って。

先週日曜の安田記念をもって、長かった6週連続GIも一段落。
特に東京競馬場では10日から5週連続でGIが組まれており、(特に京王線の駅員の方なんかは)とてつもなくあわただしかった1か月だったのではないでしょうか。

結局家庭の事情、経済的事情などで1回も競馬場に行けておらず、個別のレースの予想などもしていなかったので、ここで5つのGIをまとめて簡単に振り返ってみようと思います。一応地元での開催ということで。

  • 5/10 NHKマイルカップ クラリティスカイ(横山典)
  • 5/17 ヴィクトリアマイル ストレイトガール(戸崎)
  • 5/24 優駿牝馬 ミッキークイーン(浜中)
  • 5/31 東京優駿 ドゥラメンテ(M.デムーロ)
  • 6/7 安田記念 モーリス(川田)

続きを読む