SEGA World Drivers Championshipのテスト走行会に参加してきた

あの後体調を崩してろくに家ゲーできないまま7月になったらグランツーリスモSPORTのクローズドβテスト終わってたんですけど!!!
失礼いたしました。取り乱してしまいました。

今回はセガの新作アーケードレーシングゲーム、SEGA World Drivers Championship feat. SUPER GTのロケテスト(テスト走行会)に参加してきたのでそれのレポートです。

初のSUPER GT公式ゲーム(JGTCのころは何作品かあったような)で、実際のレースカーが登場するというのがウリです。
筐体の外見から予想できる通り、頭文字D Zeroの筐体とほぼ同じで、H型6速シフトレバー、アクセルブレーキのペダル、右側の矢印ボタンやSTARTボタンなどはそのまま搭載されています。

ステアリングは専用のもので、4つボタンが付いています。そして7セグのメーターは実際に現在速度や入ってるギアを表示します。
このあたりは素直に驚きでした。メーターを別に物理的に持つアーケードゲームなんてそれこそ電車でGO!とか…。
ステアリングに至ってはなんとパドル付きになっています。AT、パドル、H型シフトをレース中に自由に切り替えて走れます。

レースに関してはGT300/GT500両方ありますが、最初はGT300のみです。一応2クラス同時に走るみたいな感じになってはいたのですが、レース中は混成してる印象は全くなかった…。

続きを読む

広告

グランツーリスモSPORT クローズドβテスト(2)

PS4のSHARE機能は便利だ。

4日に関しては、23時以降も1サイクル分デイリーレースが行われていたようで、

23:00 N300 東京エクスプレスウェイ・中央ルート 外回り 3laps
24:00 Gr.4 ウィロースプリングス・ビッグウィロー 4laps
25:00 Gr.3 ニュルブルクリンク北コース 1lap

となっていました。21時過ぎぐらいのタイミングでは翌日の20時からの回の?レースが表示されていたので、急きょ追加されたものではないかと思われます。
まさかの東京エクスプレスウェイがデイリーレースに登場してきました。ただ、現時点で出現していたのはこの日の23時の回のみなので、ゲリラ的にデイリーレースが追加されたこともあり走れた人はかなりレアだったのではないかと思います。

たぶん今日明日のデイリーレースはこうなっているはず…

20:00 N300 ドラゴントレイル・シーサイド 3laps
21:00 Gr.4 ニュルブルクリンク北コース 1lap
22:00 Gr.3 ブルームーン・ベイ・スピードウェイ 10laps

時間の都合上今日は22時台のブルームーン・ベイ・スピードウェイを走行するだけにとどまりました。とはいえ、1周3.2km(2.0mile)あるのでデイリーワークアウトの達成は容易でした。

続きを読む

グランツーリスモSPORT クローズドβテスト(1)

クローズドβ参加の皆さん、1日目お疲れさまでした。

42.195km走行することで1日1回プレゼントカーがもらえます。
今日はBMW Z4 GT3でした。初音ミクやGT6の某イベントでもおなじみの車種ですね。

たぶん操作感とかUIとかは他の人がまとめてくれるだろうと思っているので適当に雑感を。あんまり有用な情報はないと思います。

続きを読む

NewみんなのGOLF クローズドオンラインβ

実を言うと5月入ってから応募したことすらすっかり忘れてたんですけどね。

そんなわけで、2年前のTGSにてタイトルだけ出しておきながらようやく今年8月に発売が決まったNewみんなのGOLFのクローズドオンラインベータテストをちょっとだけ覗いてみました。

昨今のゲームでは「オープンワールド」が話題となっていますが、今作ではそれが一つの目玉になっています。
ゴルフゲームでオープンワールドとはなんぞ?という感じですが、つまりどういうことかというと

泳げます。

↑はすごい極端な例ですが、今回のβテストでは「オープンコース」というものが解放されており、イーグルシティの1Hから9Hまでを自由に遊ぶことができました。
コースに出たら、ミニマップを参考にプレイしたいホールのティーグラウンドまで行き、そこで○ボタンを押すことでゴルフをプレイするのですが、オープンコース上にアイテムやコイン(カスタマイズアイテムを買うのに必要な通貨)が落ちていることがあり(特定ホールの周辺)、それを探すというのもあります。アイテムが落ちているホール周辺ではアイテム回収のためにフェアウェイ上を走り回るプレイヤーもちらほら…ゴルフしろよ。

ゴルフ的な観点で言うと、パットも他ショット同様インパクトするようになった(=○ボタンを3回押す必要がある)ことと、オープンコースでは自由に移動できるため、9ホール通しのプレイではなく各ホール1ホールだけプレイということもできるように。
プレイヤーの成長もクラブの番手ごとに各項目が設定されていて、打てば打つほどその番手が得意になるようなデザインになっているようです。最初は1Wで180Yぐらいしか飛ばないので400Yクラスのホールが非常にきついです。2打目以降などで3Wを使いまくってると、1Wより3Wのほうが飛ぶという逆転現象も起こりえます。

たくさんのプレイヤーが同時にプレイしているのですが、その割にはほかのプレイヤーの情報がほとんど反映されないのはもったいないところかなあと思います。たぶん実装されたところで賛否両論ですが、「○○さんが○Hでホールインワンしました!」みたいな情報が表示されると面白いのかなぁと思います。

PS4だけあってオンラインでも安定した動作でかなり遊びやすかったのは事実で、製品版出たら結構遊んでそうだなーとは思いました。積みゲーやらが山のようなのでいつ買うかは未定ですが…

2016年を振り向く(キーマニ編)

久々に1年振り返りの記事を書いています。

今年は公私ともにいろいろあったのですが、やはり印象的なのがKEYBOARDMANIAでした。
というわけで、まずはキーボードマニアだけで振り返り記事を書いてみようかと思います。

15年以上前に稼働したゲームですでにシリーズとしては終息しており、稼働店舗も数えるほど、なのですが行きつけのゲームセンターにそれはありました。
東京は秋葉原にあるトライアミューズメントタワー、略してトラタワ。まだ高校生だったころ、そこにキーボードマニア3rdmixの筐体がありました。

そうして立川でフリープレイを楽しんだり、うっかりブック○フで1500円ほどで売られていた専用コントローラー同梱版を買ってしまったり、今は亡きPAO高幡店で家庭用IIを見つけてレジに持っていったら店員さんに「音ゲーできるなんて尊敬します」って言われてみたり、そうして時は流れ、Carezza(SP REAL)のクリアをきっかけに触れる頻度が激減したのですが…
(※それでもトラタワにキーボードマニアが2台あったころはそれなりに行って遊んではいた)

続きを読む

We’re Chronicle Saviors(3)

お久しぶりです。前記事から思いっきり間が開いてしまいました。
いろいろ書きたいことはあるんですが、とりあえずDLC第三弾が発売されたばかりのダラバーCS記事の続きです。

前回で分岐がありましたが、とりあえず左はTokiまでは進めて、しばらくは右(上)ルートをメインに書いていきます。

20161223202339_1

凡例的なやつ
◆:拠点エリア(アイコンが大きいエリア。クリアすると新しいエリアが解放される)
◇:小エリア(アイコンが小さいエリア。拠点エリアよりクセのあるステージが多い。クリアしても進行に関係ないと思いきや…)
★:分岐があるエリア(2ゾーン終了後のスコアが一定値に達しているとステージが分岐する。達成していない場合は常に下分岐)
●:???
○:???

ちなみに、Steam版については12/23現在Steamウィンターセールが行われている関係で55%OFFになっています。個人的には設定資料集をゲーム上で見ることができるようになるCollectors Editionを買ってしまうのがおすすめ。
アップデートで高画質表示・拡大が可能になったため、クロニクルモードのゾーン情報なども見やすくなっています。

続きを読む

We’re Chronicle Saviors(2)

鉄は熱いうちに打てとはよく言ったもので。
今回はあまり難しいステージがないので、解説はあっさり目。次はどっちの方向で進めるべきか…。

凡例的なやつ
◆:拠点エリア(アイコンが大きいエリア。クリアすると新しいエリアが解放される)
◇:小エリア(アイコンが小さいエリア。拠点エリアよりクセのあるステージが多い。クリアしても進行に関係ないと思いきや…)
★:分岐があるエリア(2ゾーン終了後のスコアが一定値に達しているとステージが分岐する。達成していない場合は常に下分岐)
●:???
○:???

続きを読む