府中でのGIラッシュを振り返って。

先週日曜の安田記念をもって、長かった6週連続GIも一段落。
特に東京競馬場では10日から5週連続でGIが組まれており、(特に京王線の駅員の方なんかは)とてつもなくあわただしかった1か月だったのではないでしょうか。

結局家庭の事情、経済的事情などで1回も競馬場に行けておらず、個別のレースの予想などもしていなかったので、ここで5つのGIをまとめて簡単に振り返ってみようと思います。一応地元での開催ということで。

  • 5/10 NHKマイルカップ クラリティスカイ(横山典)
  • 5/17 ヴィクトリアマイル ストレイトガール(戸崎)
  • 5/24 優駿牝馬 ミッキークイーン(浜中)
  • 5/31 東京優駿 ドゥラメンテ(M.デムーロ)
  • 6/7 安田記念 モーリス(川田)

続きを読む

広告

第151回 天皇賞(春)(回顧)

これをドラマチックと言わずして何と言うのだ。

スタート直後、出遅れたゴールドシップ。位置取りは16番手のキズナのさらに数馬身後ろ。ホームストレッチに入った時点で先頭からは大きく離された最後方。しかし、この日は何かが違っていた。
――というわけで、ノリさんがやってくれました。というかこれが本来のゴールドシップの走りなのではと思わせるような騎乗でした。本当におめでとうございます。そして須貝調教師のことをベイマックスだの無能だの好き勝手言ってしまったことをお詫びします。大変申し訳ございませんでした。

1着 ◎ ゴールドシップ(横山典) 3:14.7
2着 - フェイムゲーム(北村宏) クビ
3着 - カレンミロティック(蛯名) 3/4
4着 ○ ラストインパクト(川田) クビ
5着 - ネオブラックダイヤ(秋山) 1/2

6着 ▲ ホッコーブレーヴ(幸)
7着 △ キズナ(武豊)
10着 注 デニムアンドルビー(浜中)
12着 △ ウインバリアシオン(福永)
15着 △ アドマイヤデウス(岩田)

では、以下反省会のお時間です。追記にて。

続きを読む

第151回 天皇賞(春)

まずはcharacter1お疲れ様でした。nearly初電で向かったためかまだ疲れが残ってます。
記事として書くかどうかは現時点では検討中です。

つなぎというわけではありませんが、今日は天皇賞(春)ということで久々に予想記事書きます。
フェブラリーと高の松の宮と中山グランドジャンプはサボってました。

◎ ゴールドシップ
○ ラストインパクト
▲ ホッコーブレーヴ
△1 キズナ
△2 ウインバリアシオン
△3 アドマイヤデウス
注 デニムアンドルビー

今回あまり出走メンバーを吟味する余裕がなかったので簡単に書いていきます。追記にて。

続きを読む

第59回有馬記念(回顧)

実に熱いレースでした。
例によって決着タイムがかなり遅いと一部では噂になっていますが、そんな超スローの中でも安定して掲示板に乗ってくる牡馬3強の強さを実感したレースでもありました。
(こういうGIになってくると単純にタイムが遅い=勝った馬が弱いとかレースのレベルが低い、とは言えない気がします。じゃあこんな遅いタイムで決着になっておきながら着外に沈んだ馬はなんなんだよ、と。)

まずはジェンティルドンナと戸崎圭太騎手優勝おめでとうございます。中山競馬場もなんのその、これでブエナビスタを上回って賞金女王に?
「引退式の前の顔見世のための記念出走」とか言ってしまって大変申し訳ございませんでした。これでもジャパンカップでは本命だったんですけどね。
Mr. Tosaki, you’re a fabulous jockey! Congraturations!

1着 △ ジェンティルドンナ(戸崎) 2:35.3
2着 - トゥザワールド(ビュイック) 3/4
3着 ◎ ゴールドシップ(岩田) ハナ
4着 △ ジャスタウェイ(福永) クビ
5着 △ エピファネイア(川田) ハナ

7着 ▲ ラストインパクト(菱田)
11着 注 サトノノブレス(池添)
13着 ○ ワンアンドオンリー(横山典)

馬ごとのレース後の講評などは追記にて。

続きを読む

第59回有馬記念

お久しぶりです。週刊kurumiは結局全然更新できませんでした。なにが三日坊主だ。

さて、まずはごあいさつから。今年1年も大変お世話になりました。
もうすこしこっちでも競馬関係の投稿をしようかなーと思っていたところで今年が終わってしまいました。

さて冬のグランプリ、有馬記念です。
今年は冬の有明記念コミケ1日目と重なるということで、競馬のジャンルで出展されてる方など気が気でないような気がします。
3時過ぎなら大丈夫か?

予想は以下になりました。細かい解説などは追記でたたんであります。
◎ ゴールドシップ
○ ワンアンドオンリー
▲ ラストインパクト
△1 エピファネイア
△2 ジャスタウェイ
△3 ジェンティルドンナ
注 サトノノブレス

続きを読む